Author

  • 名前:たくみ
  • 性別:男
  • 年齢:32歳

私は、鹿児島県に住んでいる32歳のたくみと申します。現在、アパートに一人暮らし、両親は健在ですぐ近くに住んでいます。今は、中学生を対象にした進学塾で数学を教えており、子供たちから元気をもらっています。

検索

Facebookの実践活用法をご紹介

今やネットを使ってさまざまな情報を共有するのは当たり前のこととなっています。ネットのない生活を想像することすらできない、という方も多いのではないでしょうか?

そんなネット社会を語る上で、絶対に外すことのできないポイントの1つがFacebookをはじめとするSNSです。
今や、このSNSが生活の一部になっている、という方も多いのではないでしょうか?

しかし、依然としてまだ使ったことがない、という方もいらっしゃるかもしれません。そこで、当サイトでは初心者の方に役立つFacebookの実践活用法をご紹介してみたいと思います。

今からでも決して遅くはありません。あなたもネットを活用してもっと生活を充実したものにしましょう。

◆Facebookは現代人の常識?
かつてはさまざまなSNSが乱立している時代もありましたが、今日ではFacebookがほとんどのシェアをしめています。
Facebookを使用している、ということが現代人の常識と言っても過言ではないでしょう。

近年では企業の採用担当者が、入社希望者の選考のためにFacebookを確認している、というケースも少なくないようです。

かつて、SNSは楽しみといった面が強いものでしたが、ビジネスなどでも活用されるようになっています。
前述の入社希望者の選考だけでなく、さまざまな活動をFacebook上で行っている企業も決して少なくありません。

◆忘れてはならないお楽しみ要素
少し固い話から入ってしまいましたので、難しく感じてしまった方もいらっしゃるかもしれませんが、SNSには楽しい部分もたくさんあります。なので、気軽にはじめるてもまったく問題はありません。

前述のようにFacebookは非常に多くの人に利用されていますので、連絡先がわからなくなってしまった昔の知人や友人などに再開することだってできるかもしれません。これがFacebookをはじめとするSNSの最大の楽しみと言っても過言ではないかもしれません。

また、遠い世界の人だと思っていた有名人や芸能人などにもFacebookを使用している方は多いですので、ネットを介して交流することができるかもしれません。

このようにFacebookは非常に多くの楽しみを秘めています。

まだFacebookをやっていない、という方はもちろん、アカウントは持っているけどどう活用すれば良いのかわからない、という方も、もっとFacebookを楽しむことのできる方法をお話して行きたいと思います。

発信をしていれば自然と人は集まります

人の発信に対して「いいね」を押したり、コメントをつける、といった反応をするだけでも十分にFacebookを楽しむことはできます。ですが、ある程度慣れてきたら、今度はあなたが情報の発信者になってみたいと思いませんか?

誰かが発信しているさまざまな情報、投稿を見るだけでもFacebookはとても楽しいものです。また、「いいね」を押したり、コメントを投稿することによって、さまざまな人との交流も楽しむことができます。
しかし、Facebookを利用することにある程度慣れることができたら、今度はあなた自身が、投稿し、発信者になってみましょう。

発信を続けることによって、自然と人は集まってくるものです。より交流の輪を広げるために、何でもいいので発信してみましょう。

◆どんな些細なことでも発信を続ける
最初から多くの人の関心を集めよう、なんて考えてしまうと何を投稿すれば良いのかわからなくなってしまうかもしれません。
なので、最初はあまり深く考えずに些細なことでも発信してみましょう。

今日食べたランチのことでも構いませんし、天気の話だって良いのです。スマホで撮影した写真や動画などを添えることができれば、それは1つの立派な情報になります。

こういった情報をどんどん発信し続けていれば、誰かの目には留まるはずです。そこから新たな交流がスタートするかもしれません。

こんなことを投稿しても誰も興味ないかも…なんて思わずに、どんどん情報を発信し、交流の幅を広げてみましょう。
すると、Facebookはもっと楽しいものになります。

内容は自由、最初は身内ネタでも構いません

Facebookに投稿する際、どんなことを書けば良いのかわからず、いつも迷ってばかり…という方もいらっしゃるでしょう。基本的に投稿内容にルールはありません。最初は身内ネタだって、何の問題もありませんので、どんどん投稿しましょう。

どんなことを書けば良いのかわからない、とFacebookに投稿する内容について悩んでいる方も少なくないようです。
しかし、Facebookの投稿内容には、ルールなんてありません。あなたが語りたいこと、誰かに聞いてもらいたいことを書いてもOKです。また、単なる日常の記録として、日記感覚で投稿してしまったも構いません。

もちろん、身内にしかわからないようなネタでもOKです。怖がらずにどんどん投稿することが、人に読まれるコンテンツ作りの第一歩となります。

◆最初は身内ネタだって大丈夫!
身近なところで起こったことを投稿していると、身内にしかわからないネタになってしまうから…と不安に感じてしまう方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、毎日のように多くの人に共感されるような出来事に出会うことのできる人なんていません。

なので、最初は身内ネタばかりでもOKです。それによって、あなたがどのような生活を送っているのか、といった情報を周囲に知らせることができます。
自己紹介のつもりで、身近なネタをどんどん投稿してしまいましょう。

最初から多くの人に読んでもらえるネタ、なんて考えていると何も投稿することができなくなってしまいます。
身内ネタでも何でも構いませんので、情報をどんどん発信して行きましょう。

  • クレジットカード現金化チェキ
  • 更新情報

    2016-11-07
    Facebookの実践活用法をご紹介の情報を更新しました。
    2015-08-13
    実は危険もいっぱいFBで身を守る為の「マスト」の情報を更新しました。
    2015-08-13
    利用者でも知っておきたい最低限のFBマナーとはの情報を更新しました。
    2015-08-13
    初心者の為のFBの始め方の情報を更新しました。
    2015-08-13
    人に読まれるコンテンツ発信を目指そうの情報を更新しました。
    ページ上に戻る