Author

  • 名前:たくみ
  • 性別:男
  • 年齢:32歳

私は、鹿児島県に住んでいる32歳のたくみと申します。現在、アパートに一人暮らし、両親は健在ですぐ近くに住んでいます。今は、中学生を対象にした進学塾で数学を教えており、子供たちから元気をもらっています。

検索

黒ずみの原因を排除して少しずつ改善を試みよう

20代の若い女性の中にはデリケートゾーンを綺麗に脱毛しているというかたも多く見られますが、せっかくムダ毛を整えられても黒ずんだままの状態がコンプレックスで自信が持てないという声が少なくありません。

色素沈着はさまざまな要因で発生するものですが、その点を改善してコツコツとケアを行っていけば十分に解消をしていくことが可能です。

下着やズボンによる締め付け

黒ずみの原因であるメラニン色素は、皮膚が刺激を受けることによって防衛機能が働き、肌を守るために発生をするものです。

若い女性の中には身体のラインが出るピッタリめの服装を好むかたも多いでしょう。身体にフィットする下着、スキニーパンツなどを身につけ続けていると、その締めつけによってデリケートゾーンが圧迫されて黒ずみになることもあります。

脱毛によりカミソリや毛抜きの利用回数が減ることで、黒ずみのリスクを1つ減らせます。しかし、毎日のように身につけているものが黒ずみを悪化させている可能性もあるため、今一度服装を見直してみましょう。

下着に関しては肌触りの優しい綿素材がおすすめですし、脱いだ時に痕が残っているようなサイズの小さい服も避けてください。

VIOの黒ずみ(色素沈着)は脱毛できる?デリケートゾーン黒ずみ原因と対策クリーム・石鹸紹介

ターンオーバーが乱れている

ターンオーバーが乱れると老廃物やメラニンが排出されずに肌に残ります。バリア機能が衰えることによってわずかな刺激でも黒ずんでしまいやすくなりますし、一度黒ずむと改善が難しくなってしまうのが問題です。
偏った食事による栄養不足、運動不足、保湿不足などさまざまな原因で起こりやすく、デリケートゾーンの黒ずみに限らず、シミやシワ、ニキビができやすいなど肌の調子が悪くなることで気がつくでしょう。
肌の調子を保つためにはバランスのいい栄養摂取、代謝機能を高めるための運動、そしてしっかりと保湿をすることが大切です。

蒸れを感じやすいデリケートゾーンですが意外にも肌内部は乾燥していることが多いため、お風呂上りなどには化粧水やボディクリームでしっかりとケアしてください。

刺激を与えず保護することが大切

デリケートゾーンの黒ずみ解消のためには刺激や圧迫を避けること、そしてしっかりと保湿で保護することがポイントになります。

洗浄時にもゴシゴシ擦らないように気をつけてください。意識をしていけば黒ずむリスクが軽減し、徐々に改善していくことができます。

ページ上に戻る