Author

  • 名前:たくみ
  • 性別:男
  • 年齢:32歳

私は、鹿児島県に住んでいる32歳のたくみと申します。現在、アパートに一人暮らし、両親は健在ですぐ近くに住んでいます。今は、中学生を対象にした進学塾で数学を教えており、子供たちから元気をもらっています。

検索

他人のウォールは「人の家」だと思うこと

ある程度Facebookになれてくると、友達や、まったく知らない人のウォールを見ているだけでも楽しむことができるようになってきます。
さらに、ウォール内でコメントのやりとりなどをして、交流を楽しんでいる、という方も多いのではないでしょうか?

しかし、いくら親しい友達であっても、決して礼儀は忘れてはなりません。ウォールはその人の家だ、と考え、最低限のマナーはしっかりと守るようにすべきでしょう。

◆ウォールを汚してしまうようなコメントはNG
親しい友達との間であれば、冗談で済むような言葉であっても、その関係を知らない人からみれば、不快に感じられることも少なくありません。
いくら仲の良い友達であっても、ウォール内に、人を不快にするような言葉を書き込んでしまうと、その人の投稿そのものを汚してしまうのと同じことです。

常に、まったくあなたのことを知らない人がこのコメントを目にするかもしれない、という意識をしっかりと持ち、どんなに親しい間柄の人のウォールであっても、人を不快にさせるような表現は避けるようにすべきでしょう。

ウォールは「人の家」。そんな意識をしっかりと持つことができれば、誰も不快な気分にさせることなく、もっとFacebookを通じたさまざまな人との交流を楽しむことができることでしょう。

ページ上に戻る